マリカーやりたい(切実)

シェアする

男なら黙ってマリカー

どもども(^ ^)

こんにちは、稲垣です。

最近、『瀬戸弘司』っていう

YouTuberにハマってます。

40近いオッサンYouTuberなんですが、

・PC周りのガジェットレビュー動画

・音楽系機材のレビュー動画

・カメラ系機材のレビュー動画

・ゲーム実況動画

辺りをメインでアップしてる

YouTuberさんでございます。

結構有名な方なので、

ご存知の方も多いんじゃないでしょうか??

そして、最近その瀬戸さんが楽しそーーっに

実況しているゲームが

【マリオカート 8 deluxe】

っていうNintendo switchで出た

最新のマリカーなんです(^ ^)

新しいハードの綺麗なグラフィックで

見たことないコースをマリオたちが

「ヒィウィゴーーぉ!!」

と軽快に走り抜ける様子は見てるだけで

ワクワクさせられますね!

あ、ちなみに

私はあんまりTVゲームをやりません。

若い頃は

1枚でも多くCD聴きたい!

1冊でも多く小説読みたい!

1冊でも多くマンガ読みたい!

「その為にバイトしまくる!」みたいな

健全なる引きこもりボーイでした。

(健全か?)

なんかこう書いてみると、

昔も今も考え方は変わってないですねぇ、、

とにかく脳みそに情報詰め込みたい!

っていう知識欲は人より強いっぽいです。

そう考えると、私にとって

「情報発信」って天職かもしれません(^ ^)

(少なくとも私はとっても楽しんでますっ)

で!

動画を見てて思ったのが、

マリカーって割とクソゲーってことです 笑

なぜなら、

すっごいアイテムゲーだからです。

特に1位で走ってると

2位以下のプレイヤー全員から

アイテムで狙われちゃうんですよ(^_^;)

すぐに1位だけを妨害するアイテム:

青甲羅(トゲトゲのやつ)が飛んで来て、

2位以下に転落させられます。

1位になった瞬間、

【1位のプレイヤー VS 他のプレイヤー】

みたいな構図になっちゃうんです。

(多少大げさですが、

マジでそれくらい不利になります)

なので、マリカー必勝法は

・ぶっちぎりの1位で独走する

・2位〜4位で影を潜め、
 最後にイイトコ取り

なんですよね。

混戦から中途半端に1位になっても、

すぐに青甲羅でオサラバです。

いきなり10位辺りまで

転落なんてのもよくある話です。

で、動画見てたら、

「これってビジネスも同じだなぁ」

と感じちゃいました。

トップを走るってことは

言われのない妬みや恨みを買ってり、

それにより妨害されたり、

ノウハウをマネられたりします。

ですが、それも圧倒的な差を

見せつけられれば、

ライバルたちはその座を諦めて

2位争いをしてくれます。

他者が1位を諦めて、

2位争いを初めてくれたら

そこからは楽ちんです。

だって、奴ら今度は勝手に

足を引っ張りあってくれますから(^ ^)

ちなみに

私が携帯販売員だった頃は

モバイルWi-Fiルーターも売らなくては

いけなかったので、

PCもバリバリ販売していたんですが、

売り上げ1位は圧倒的にMacBook Airでした。

これはぶっちぎりですね。

なので、当時ノートPCは

10万円前後の価格帯は

他のメーカーは完全に諦めてました。

(今は知りませんが多分そのままだと思います)

ちなみにノートPCって

価格帯が3区分ありまして、

・5万円帯

・10万円帯

・15万円帯

だいたいこんな感じ。

そしてそれぞれの特徴は

【5万円帯】

基本的にアジア系海外メーカー

acerやASUSが多く、エントリーモデル。

Windows PCですが、

オフィス(ワード、エクセル、パワポ)はナシ。

だいたい、CPUはatom〜Celeronまでのスペック

(そんなに良くはないけど普通に使えるレベル)

【10万円帯】

MacBook Air 一強

そこまで高いPCは買いたくないけど、

あんまり粗悪なPCも買いたくない、って人が

ドシドシ買います。

CPUのスペックはCOREi5前後と

普通に良い。

(国内Windowsだと15万コース)

スペック自体は同じでも

5万ほど高い国内Windowsと比べると

人気は全然違って、普通にWindowsユーザーも

簡単にOS乗り換えを決断するレベル。

【15万円帯】

国内のハイスペックノートPC枠。

メーカーは

NEC、TOSHIBA、FUJITSU、

(+surface)辺り。

スペック自体はどうしても

MacBook Airと同等レベル。

(下手すると

この価格帯のWindowsなら負けるまである。)

基本的に

「仕事でどうしてもWinじゃないとダメ!」

ってビジネスマンとか

「PCと言ったらNECだろ!」って感じの

ちょっと頭の硬いおじ様に需要があります。

  ↑

こういう人は結構多いのですが、

逆にそれ以外は需要無いかなぁ、、(^_^;)

あ、もちろんモノ自体はとっても良いんですよ!

まあ、こんあ感じで、

OS選ばないならコスパは間違いなく、Mac。

圧倒的です。

なので、

アジア系海外メーカーは

Macより安いエントリーPCばかり作って、

国内メーカーはMacと価格勝負できない。

みたいな構図ができていて、

MacBook Airの価格帯は独走でしたね。

(surfaceは頑張ってましたが、、)

あ、ちなみ国内ノートの10万円帯は

メーカー側が諦めてて企業努力0なので、

スペックすごい低いのに値段だけ高いので、

絶対オススメしません。

販売員もノルマとかあるんで、その辺り

オススメされたら気をつけてくださいね(^ ^)

話はそれましたが、

つまり!

1位を狙うならダントツの実力を持って

2位以下を離す必要があるということ!

新しい試み、チャレンジ絶えず続けて、

他者ではできないことをやる!

こんなことをやってかないと

1位の道はひらけないので、

我々、後発組が今から狙うのは

いばらの道ですね、、、

正直言ってこの戦略は辛いです(^_^;)

なので、

我々はトップの人がやっている手法をマネたり、

応用したりして1位を狙えるポジションを

虎視眈々と狙うか、

大人しく2位争いで爪を研ぐのもアリでしょう!

ここまで読んで

『はあ?2位〜4位って充分の上位じゃん!

俺、まだまだドンケツの12位なんですけど!』

そんなことを思ってしまったあなた!

もちろん!下位から上位に

移行する戦略も用意してありますよ(^ ^)

これもマリカーと同じです。

マリカーって下位だと

強いアイテムが出やすくなっているので、

一発逆転も狙えちゃうんです。

(瀬戸さんはこのパターン多いです 笑)

『サンダー』『キラー』

チート級の性能があって、

取れれば一気に順位をあげるチャンスですが、

基本的に下位を走っているプレイヤーにしか

出ないようになっています。

上手いとこで使えば、

いきなりの1位も夢じゃないです。

ビジネスもこれと同じで、

有名になると

「ちゃんとしなきゃいけない」

って意識が芽生えて、

無茶な戦略が取れなくなるんです。

簡単にいうと

『リスクが取れなくなる』んですよ。

良くも悪くもですけどね。

先日、楽観的な人の

リスクの取り方を記事にしましたが、

(上手なリスクの取り方はコチラ

これが弱者戦略なんですよね。

その分野で名が上がるほど、

「ノーガード戦略」が取りづらくなりますから。

それに

そういう「リスクの高い戦略」以外にも

上位陣ではできない

下位戦略はいくらでもあります。

例えば、メルマガで言えば、

「問い合わせをもらえれば必ず返信します!」

なんてことは

何万リストも持ってるメルマガライターには

マネできません。

もしなんとか、できたとしても、

テキトーな返信になっちゃうでしょう。

そんな戦略をあなたのビジネスにも

盛り込んでみてはいかがでしょう??

あなただけの唯一性というのは

あなた自身の個性だけでなく、

下位だからこそできる

泥臭い【弱者戦略】も充分に強みになることを

お忘れなく!!

ではではまた明日ー!(^ ^)

P.S

瀬戸さんはゲームが特別うまい訳ではないので、

視聴者さんは超絶テクを

見に来てる訳ではありません。

私みたいにわざわざゲーム機を

買ってまではやらないけど、

その気分を味わいたい、

とか

最近、話題のゲームがどんなもんなのか

ざっくり知っておきたい、

と思って見てる人が多いような気がします。

そしたらキッチリとトレンドを追って、

新しいもの、流行りモノを

スピード感を持って取り込む。

そして毎日更新、できるだけ更新頻度は高く。

(↑これまんまトレンドアフィリと同じです)

さらに、それに加えて

瀬戸さんは喋りが面白いですから、

唯一性は十分ですね。

YouTuberの唯一性の出し方は

発信者ならすごく学べると思います。

ゲームが得意とか

髪の色が賑やかとか

ちょっとカワイイとか

多少、喋りがたつとか

ボイパ(死後)ができるとか

歌が上手いとか

楽器が弾けるとか

そんな小さなことをまずは起点にして

色々やって好評な部分を伸ばしていく。

そんな感じの発信スタイルがオススメです!

P.P.S

実はYouTube面倒くさくて

あんまりちゃんとやってなかったんですが、

これからしっかりやることにしました。

実は私、

「うわぁ、めんどくせー

でも、これ、、、

絶対やった方がいいやつじゃん、、萎え」

ってことがあると、

とりあえず記事に書いて、

やらざるを得ない状況にもっていきます 笑笑

ということで、

明日からちゃんと動画撮って、

YouTubeもちゃんとやります。

YouTube戦略もうまくいったら

ちゃんとあなたにシェアしますからね!(^ ^)

(実はこれも2位〜4位の戦略で、

上手い人のイイトコ取りで実践するだけなので

ちゃんとやれば絶対に成功します、ぐふふ)

シェアする

フォローする