考えの甘さを捨てる方法

シェアする






こんにちは、稲垣です。

今日はガッツリ稼ぐためのお話。

稼ぐ人、

もしくは稼ぐのが早い人の共通点の話をしようと思います。

これさえわかれば結構簡単に稼げますけどね、いや本当に。

やはり先人に習って模倣すること!

これが一番の近道ですからね!

この人たちの共通点は

「基準値が違う」んです。

作業に対しても

稼ぐことに対しても

成功についても

失敗についても

何もかも

『基準値を壊している人』が多いです。

どんな感じに壊れているかというと、

作業→寝る間を惜しんでやるのは当然。

稼ぐ→稼ぐことは当然、稼げない未来なんて考えてない。

成功→ある程度稼いでいても成功した気になってない、貪欲。

失敗→なんとも思わない、失敗したら次。もっとやる。

まあ、私の言葉で言うと

『脳を従えてる』状態ですね。

で、この人たちの基準値って当然、

普通の人より高いんですよ。

だから普通の人が

その人たちの基準値を目の当たりにするとビックリします。

(もちろん私も普通の人だったのでびっくりしましたよ、、、(^_^;))

例えば、よくいるのが

「セールスするのは気がひける」なんて言う人。

「私なんかが大した知識もないのにセールスしていいんですかね、、、」

と、よくコンサル生に言われるんですが、

『セールスしないと稼げないんだからやるしかない』です。

誰だって初めてのセールスなんて怖いに決まってますよ。

自分のコンテンツをお客さんがどう思うか?

クレームや返金が来ないか?

これで今までの読者、ファンがいなくなってしまうんじゃないか?

誰だってそんな不安があります。

でも、その不安を断ち切らなきゃ前に進めないですよ。

で、やっぱり目の前にそういう人がいると

「俺もやらなきゃ」ってなるんですよね。

環境って重要です。

でも、そういう環境がない人も多いと思います。

本当はそういう環境に身を置く方がいいのですが(^_^;)

それができないならひたすら

そういう考えを刷り込むしかないですね。

で、考えをどう刷り込むのがベストかと言うと、

実はすっっっごい簡単で、

文字にしてアウトプットするだけで大丈夫です。

オススメはFacebookやブログで記事を書くことですね。

これ。

10記事も書けば十分、自分の脳ミソに刻み込まれますよ。

「夢は口にすると叶う」とか

「言霊」とか言いますが、

書く方がログにも残りますし、

より強力ですよ!!

文章、それも人に見せるための文章となると

自分の考えをしっかり見返すことが必要になるので、

(適当なこと言えませんからね!)

考えがまとまりますし、

自分が考え足りなかったところを調べることで知識も深くなります。

ブログやFacebookでのアウトプットは

人に何か教えたり、何か人前で発表するのに近いんです。

会社で資料作ったりするとき、

自分の専門分野だとしても

分かりやすくするため他の資料を参考にしたり、

説明するために内容を噛み砕いたり、、、

することって多くないですか?

そんなことしてると

より『自分が何を考えているか?』が分かってきます。

『何を考えているか?』

ってことがくっきり分かってくると

『自分がどうすべきか?』

が見えてきますよ。

情報発信をしている側が

アウトプットしてるとき『気づき』に見舞われるんです。

で、それが刷り込まれ、、、

習慣化してくる。

基準値が壊れている人たちは

自分のベストパフォーマンスを脳内で

しっかり描くことが習慣化してるのでそれに一心不乱です。

そういう一点だけ見えてる人は強いです。

で、少し話は戻るんですが、

「セールスするのは気がひける」人に対して私は

とにかく質問します。

何が嫌なの?

何が怖いの?

何が不安なの?

そうするとその人の考えがポロポロ出てくるんですね。

(アウトプットさせてあげるわけです。)

でその不安をぜーーんぶ潰してあげるわけです。

「私そんなにプロって訳でもないし」

     ↓

「自動車の教習所のオッチャンも別にプロドライバーではないし、

塾の講師なんかも素人同然の大学生のバイトくんでもやってるよ(^ ^)

そんな気負わなくて大丈夫。」

「教えられるか分からないし、、、」

     ↓

「教えたことない人は教えられるか分からないよ。

今できないこと、やったことは全部やらない?

頑張らないと何もできないままだし、

みんな最初はできるか分からない状態から始まるよ(^ ^)」

「クレームがきたら怖いし、、、」

     ↓

「そんなの俺も怖いよ 笑 でも、きちゃったら謝って返金すれば良い。

それも経験だし、勉強になるよ(^ ^) てゆーか別にクレームなんて来ないよ。」

ってな感じです。

これって問題をアウトプットさせることによって、

問題を明確化してるんです。

「セールスしたくない」って言う漠然とした悩みを

「なぜ??」と問いかけて細分化させてるんです。

上の例だと

「セールスしたくない」という漠然とした悩みを

「プロじゃないのに教えて良いのか?」

「教えられる自信がない」

「クレームが来ないか?」

3つの事項に細分化して、

それぞれ一つずつに解体して全ての解決策をだす!

問題点を細かく洗い出して、

解決策をより細かく具体的にだすってことですね。

これが自分一人でできるようになれば完璧!!

ま、そうでなくても問題が細分化してれば、

人に聞くなり、ググるなりすればすぐ解決します。

どうしても解決しなきゃ私にメッセージください。

大概のことは解決しますよ。

なんせ私、マインド武装は完璧なので!笑

P.S

Facebook友達の川崎さんも

基準値が壊れてて行動が早いです。

一昨日、お仕事関連のご相談をいただいたので、

参考になりそうな書籍(漫画ですが)をご紹介したら、

もう買ってるんですもん。

川崎さんからすれば『それが普通』なんでしょう。

だってそうした方が良いんですもんね。

ちなみに稼げないパターンの人は

「この前進めた本読んだ?」って聞くと

「い、忙しくて、、」とか言います。

あなたはどっちのタイプの方がうまくいくと思います??

シェアする

フォローする